限度額はどのように決められる?

Woman shopping in mall

キャッシングの契約を行うと、必ず限度額が設定されます。これは最大でその金額までお金を借りることができる上限金額です。この限度額は申込時の審査によって決定します。10万円単位で設定されることがほとんどで、最低は10万円です。

希望額通りになるとは限りません

限度額の設定は基本的に申込時の希望額によって行われます。10万円以下の希望だった場合、10万円の限度額が設定されることが多いです。これ以下の限度額はありません。その為、最低でも10万円の審査に合格できないとキャッシングは利用できないということです。

それ以上の希望だった場合、一番近い10万円単位の額が設定されることが多くなります。例えば25万円の希望で申込を行った場合は30万円の限度額がないとその借入を行えない為、30万円の審査が行われるという訳です。

審査結果によって、希望通りの限度額では審査を通らないことがあります。25万円の希望で申込を行った場合、30万円の審査に合格するには少し物足りないと判断されても20万円であれば通る場合は、そのように伝えられることがあります。その額でも問題がない場合は20万円の限度額で契約を行うことができます。

そこまでの借入を行う必要はありません

審査で信用が高いと判断された人には、必要以上に大きい限度額が設定されることがあります。10万円の希望で申込を行ったにも関わらず、30万円の限度額になるようなケースです。キャッシング会社も信用できる人には出来るだけ大きい金額を融資したいと考えている為、このような不要に高額の設定をされることがあります。

ですが希望額より大きい限度額を設定された場合でも、その上限まで借入を行う必要はありません。限度額の範囲で必要な分だけの借入を行ってください。

契約後の利用状況次第で上下します

申込時に設定された限度額は、あくまでその時点のその人の信用状態によって定められたものです。その後の利用状況次第では減らされてしまうこともあります。これはそのキャッシング会社の利用状況だけでなく、他社の利用状況からも判断が行われます。

また逆に長期間に渡って他社も合わせて何も問題なくキャッシングを利用している優良顧客だと判断された場合、総額されることがあります。最初に希望通りの額にならなかった場合でも、その後の利用状況次第で増額される可能性は充分にあるということです。

本当に必要な希望額で申込を行いましょう

希望額が大きく、審査で信用的にも問題がないと判断された場合、大きい限度額が設定されることがありますが、限度額が大きいとつい余計な分まで借入を行ってしまうことが多くなります。

借入を行った金額には必ず金利が発生します。その為、余計なお金は借りないに越したことはありません。申込では本当に必要な金額だけを希望しましょう。

また希望額が大きいと、審査を通過できる確率も下がってしまいます。20万円の審査に通らなければ自動的にその下の10万円の審査を行ってくれる訳ではありません。20万円の審査としてそのまま落とされてしまうこともあります。このような点からも、希望額は少ないに越したことはありません。