カードローンはどのようなデメリットがあるか

いろいろなメリットがカードローンはありますが、デメリットもあります。では、カードローンはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

利用できる限度額が低い

利用できる限度額が低いことが、カードローンのデメリットです。カードローンは、一般的に別のローンと比較して便利である一方、低く利用できる限度額が別のローンよりもなっています。高額な融資が、業者によってはできるようなところもあります。しかしながら、最初から融資を高額な限度額で受けることができるような場合はほとんどありません。目的がもし決定しており、お金をローンを利用して借りたい、というような場合には、教育ローンや住宅ローンなどのようにローンの特化型のものを利用する方がいいでしょう。

金利が高い

金利が高いことが、カードローンのデメリットです。別のローンとカードローンを比較した場合に、別のローンよりカードローンが金利が高くなっていることがデメリットです。使途が別のローンは限定されているので、金利が低く設定されていますが、使途が限定されていないカードローンの場合は金利が高くなっています。しかしながら、借入れする期間などを考えれば、金利が少し高いということでもカードローンのように便利なものを利用する方がいいということもあります。それぞれの使途に応じて、別のローンを選択するべきか、それともカードローンを選択するべきか、を見定めるようにしましょう。

借金である

借金であることが、カードローンのデメリットです。カードローンのメリットとして、お金を簡単に借入れすることができるということが挙げられます。しかしながら、これがデメリットに逆になる恐れもあります。カードローンはコンビニのATMや銀行のATMで利用することでき、引き出しを簡単に行うことができます。このように手軽に利用することができるため、その借入金をまるで本来自分が持っているようなお金であるというようによく錯覚します。

しかしながら、カードローンを使って入手したお金は間違いなく借金であり、必ずいつかは返す必要があるお金です。借入れが簡単でできるため、自分のものではないということが鈍くなる場合もあります。複数の業者から多額の返すことができないような融資を受けている、あるいは、多くのローンを今まで何度も利用してきた、というような場合はこのような錯覚によくなります。基本的に借金であるという認識を持って、返済プランの無理のないもの立案しましょう。